【無料/割引】ママ向けお得情報&キャンペーンまとめ

簡単子供用マスクの作り方~手ぬぐい編 ミシンでも手縫いでも

ハンドメイド

風邪やインフルエンザが気になる季節になりました

登園や外出時、子供にマスクをさせる機会が増えてきました

マスクで完全に予防できるわけではありませんが、くしゃみや鼻水を周りにとばしたくはありませんよね

ココさん
ココさん

使い捨てマスクはコスパが悪い!

マスクの洗い替えが欲しい!

息子にゃん
息子にゃん

ママー!

じゃあぼくの好きな柄でたくさんマスク作ってー!

今回は、100円ショップの材料で簡単にできる子供用マスクの作り方です

子供が喜んで使いたくなるような、オリジナルのマスクを簡単に手作りしてみましょう!

ミシンでも手縫いでもOKです

スポンサーリンク

子供用マスクの作り方詳細!材料・道具・下準備など

今回作る子供用マスクの材料は、100円ショップでそろえられます

綿素材の手ぬぐいを使用すれば、ガーゼのような手触りのマスクが作れますよ

マスクが苦手な子供も、好きな柄を選んでマスクを好きになってもらいましょう!

子供用マスク作りに必要な材料・道具など(100円ショップでOK)

  • 手ぬぐい縦33×横90cm(手ぬぐい風タオル)/セリア
  • マスク用ゴム(ゴム通し付き)50cm/セリア
  • ミシンor手縫いなら縫い糸、縫い針
  • チャコペン(なくてもOK)
  • アイロン
  • ハサミ

左が手ぬぐい、右がマスク用ゴムです

マスク用ゴムは、ピンクや白など色違いも売っています

ゴム通し付きが便利です

ゴムは伸びたら交換するものなので、余ったら保管しておきましょう

実店舗でマスク用ゴムが見つからないときは通販がおすすめです

今回使用する手ぬぐいは、商品名は”手ぬぐい風タオル”ですがパイル地ではありません

素材のしっかりした手ぬぐいです

今回はセリアのハンカチコーナーにある手ぬぐいを使用しました

この手ぬぐいは切りっぱなしになっていないので、端を処理する必要がありません

今回の作り方だと、単純計算で5枚作ることが可能な大きさの手ぬぐいです

子供用マスクを作る前に下準備 簡単な水通し方法

洗面器やジップ付きの袋に水を入れて、たたんだ生地を入れます

無理に水を染み込ませようとせず、30分程放置

軽く絞って、物干し竿などに掛けて生地が歪まないように乾かします

乾いたらアイロンをかけて終了です

今回の手ぬぐいマスクは、水通ししなくてもあまり型崩れしませんでした

あまり気にしないなら水通しは省いてもOKです

スポンサーリンク

子供用マスクの作り方詳細!ミシンでも手縫いでも作れます

まずはざっくりと手順を頭に入れておいてください

作り方詳細は次の項目から紹介します

  1. 手ぬぐいをカットする
  2. マスクの縦幅に合わせて折りたたむ
  3. マスクの横幅に合わせて三つ折りにする
  4. ゴム通しの部分を直線縫いする
  5. ゴムを通し、輪に結んだら結び目を隠して完成

1.手ぬぐいをカットする

手ぬぐいの長さ33cmはそのまま活かし、端から18cmのところで切ります

2.マスクの縦幅に合わせて折りたたむ

手ぬぐいを裏返しして横長になるように置きます

中心に向かって上下を折り9cmの幅にしたら折り目にアイロンをかけます

3.マスクの横幅に合わせて三つ折りにする

両端から11cmのところで折り、アイロンをかけます

三つ折りにすると、横幅が約12cmのマスク本体になります

4.ゴム通しの部分を直線縫いする

両端から1.5cmの部分にチャコペンなどで印をつけて、直線縫いします

フリーハンドで縫えそうならばチャコペン不要です

これで三つ折り部分が縫い合わせられ、ゴムを通す部分が出来上がります

5ゴムを通し、輪に結んだら結び目を隠して完成

マスク用ゴムは約25cmを2本用意しました

手順4で縫った部分にゴム通しを使ってゴムを通します

ゴムを輪にしてしっかり結んだら、結び目はマスク本体の中に隠します

これで完成です!

好きな柄のマスクで子供と楽しく冬を過ごそう

今回は、100円ショップの材料と道具で子供用サイズのマスクを作りました

息子にゃん
息子にゃん

ぼくの選んだ柄のマスクだ!

作ってくれてありがとう!

余った手ぬぐいで洗い替えマスクも作れるので、とても経済的です

ハサミを入れるのは1回、縫うのは2回!

とても簡単なので、ぜひ気に入った柄でマスクを作ってみてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました